宮城県(仙台)で知り合った変態性癖の人妻

体験談も3回目となりましたが今回は、変態性癖を持つ人妻との出会い体験談を紹介したいと思います。(※今回は体験画像もあります)
管理人も一度でいいから変態的な性癖を持った人妻と一戦交えたいと日々願っています。

それでは下記より仙台市で出会った変態人妻との出会い体験談をどうぞ!

宮城県の地図の画像宮城県(仙台)在住ですが、宮城県(仙台)といえば、日本三大ブスの名産地とも言われています。
確かに市内で見かける可愛い子などに出身地を聞いてみると、たいていの場合が青森や秋田、福島ってことが多いんですよね。

それでも宮城県(仙台)には、東北中のいい女が東北一都会と言われる仙台に集まってくるんですから、別にいいんです。

(実際に風俗専門誌などでも東北版は宮城県か福島県の特集が組まれることが多いほど女性の数は多いようです【参考サイト⇒シティヘブン 東北版】)

だからこそ、結婚を機に人妻になって、住み慣れない宮城県(仙台)の地に移住してきた人妻は、かなり狙い目なんですよね。

意外と仙台市内には寂しい人妻が多い

前述にある通り、宮城県(とりわけ仙台が多い)には、東北を中心にして、多くの移住者が集まってきています。
独身者でも、人妻でも、周囲に心を許すことが出来る人間が少なく、更に旦那さんが構ってくれないともなれば、かなり孤独感を感じてしまっているパターンが多いんですよね。

だからこそ、こういった人妻をターゲットにし、少しでも良き理解者という姿勢を見せてあげることが出来れば、簡単に宮城県(仙台)の人妻は落とすことが出来ると思います。
実際に、僕が行っているのも、エロなどのニュアンスは一切に出さず、良き理解者足らんと行動をしています。

理解者ということを示すためには、相手に対してとにかく共感することが大事だと思っています。(人妻に限らず女性には有効な手法ですね)
分かる分かるといったことや、辛いんだねといった言葉を掛けてあげることで、どんどんと心を許してくれます。

他にも共通点が多いということで、一気に心を許してくれるケースが多いですね。
今回もこんなことをして、半月ほどメールのやり取りをした後、実際に会ってみたいねと提案すると、向こうもノリノリでデートを了承してくれました。

出会った人妻は思いのほか変態だった

寂しさを紛らわすだけだと思っていた人妻が、実際に会い、ラブホテルに行ってみると、ひた隠しにしていた願望が一気に溢れ出てきました。
僕としては、普通のセックスで十分に満足だったのですが、持参の大人のおもちゃを出してきたり、手錠などを出して拘束して欲しいというようなことを要求してきたり、しまいには首を絞めて欲しいだの、スパンキングをして欲しいだの、しまいにはAFをしたいなどと要求してくる始末です。

画像もいくつか公開したいと思います。

正直あまりの性癖っぷりに引いてしまう寸前でしたが、これぞこの手の出会いの醍醐味と思い、言われるがままに29歳の人妻の要求を全て受け入れました。
パートナーと定めた異性がゆえにホンネを出せないことなんて沢山あると思うんです。

管理人コスモス山大からのコメント

宮城県(仙台)の土地柄をしっかりと把握して、的確なアプローチを行っているからこそ、成功した体験ですね。
思いのほか変態だったのは、嬉しい誤算でしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ